西浦和社会福祉協議会の活動

子育て支援「マ-マサロン」

 地域にお住まいの0歳~2歳の幼児と保護者に参加していただき、子育て経験者の地域ボランティアの協力で 親子交流の場を提供しています。

 気軽に遊びに来てください。お母様方のお友達作りと、子育てについての情報交換ができます。予約は不要です。

 南区保健センターの保険師・管理栄養士・歯科衛生士による育児相談も行います。

 

◎対象 0歳~2歳前後のお子さんとその保護者

◎時間 10時~11時30分

◎持物 お子さん用の飲み物 授乳の準備等 計測を希望される方は母子手帳

 

年間参加者 幼児216名 保護者191名

 

開催日時 毎月第二火曜・第四月曜日(年間12回) 午前10時~11時30分

開催場所 南区内谷4丁目公園内「北口集会所」和室

 

開催日時 毎月第三木曜日(年間12回) 午前10時~11時30分

開催場所 南区内谷2丁目「内谷一二三自治会館」フローリング

 

        北口集会場  一二三会館   北口集会場

        第二火曜日  第三木曜日   第四月曜日        

 

定期的訪問活動事業

 75歳以上の単身生活者、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力不十分な方に対して、安心して生活が送れるよう、担当の民生児童委員が粗品持参で対象者宅を訪問し、安否確認を行っています。

 訪問を心待ちにしている方もあり、民生児童委員の張合いにもなっています。

ふれあい会食事業

 地域在住の70歳以上で一人暮らしの高齢者を招き、独居生活の寂しさの解消と外出による社会参加の醸成のため、民生委員・地域ボランテアの手作り昼食をとりながら楽しいひと時を過ごしています。

 園児との世代間交流も含め年6回行っていますが、毎回50人以上の高齢者、園児など延べ430人以上の参加を得ています。

平成28年度西浦和地区敬老会を開催しました

 9月25日(日)西浦和小学校体育館で、西浦和地区福祉協議会主催の敬老会を開催しました。

内谷2丁目からは、75歳以上の対象者90人中、31人が出席、36人の家族が会場に記念品を受け取りに来ました。残り23人には後日民生委員が記念品を届けました

笹目川 納涼の夕べ を開催しました

 平成28年9月3日(土)笹目川屋外ステージで第3回「笹目川納涼の夕べ」を開催しました。「笹目川 地域と世代間の交流」をテーマに、笹目川両岸の辻、内谷、曲本、沼影地区が中心になって開催しました。

 主催団体は、西浦和地区社会福祉協議会、南部地区社会福祉協議会、武蔵浦和地区社会福祉協議会で、共催団体に周辺自治会、PTA、育成会等が、後援にさいたま市南区、蕨戸田衛生センター、他広く企業等の協賛を得て開催しました。

 ステージでの催しは、内谷囃子連、彩の国浦和内谷太鼓、チーム「相田」、沼影小学校金管バンド、ボランティアグループ一歩会 でした。

 天候にも恵まれ、交流という所期の目的を実現できました。

[写真をクリックしてください]

社会福祉協議会とは

「社協」の略称でも知られている社会福祉協議会。西浦和地区でも「西浦和地区社会福祉協議会」を組織し、福祉の向上に向けてさまざまな活動を行っています。

 社会福祉協議会は、各地域の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、設置されています。

 西浦和社会福祉協議会は、西浦和地区自治会連合会・民生・児童委員協議会・西浦和公民館並びに西浦和地区の各種団体・保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することができる「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動をおこなっています。

 たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

内谷2丁目の民生・児童委員

 内谷2丁目の民生委員は、武南節子(たけなみ せつこ)です。TEL048-862-9690 相談ごとありましたらどうぞ。

 

 民生委員とは、社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、福祉事務所等関係行政機関の業務に協力するなどして、社会福祉の増進に努める方々です。

 

 都道府県知事は、市町村の民生委員推薦会から社会福祉に対する理解と熱意があり、地域の実情に精通した者として推薦された者について、地方社会福祉審議会の意見を聴いて推薦し、厚生労働大臣が委嘱します。(児童福祉法第16条に基づき、民生委員は、児童委員を兼ねることとされています。)

自治会活動と社会福祉

 自治会活動の目的が「会員相互の親睦と地域の発展並びに共同福祉の増進」ですから、社会福祉活動は自治会活動の本務であり、中核の活動です。

 自治会役員、民生委員一体で会員の福祉活動にあたっています。

事業所会員

1.㈱B.P ウェルダ-

2. 石田エンジニアリング㈱

3. 一番舘内谷店

4.㈱大光工務店

5.㈱オダギリ

6.関東いすゞ自動車㈱

7.㈱坂本建設

8.㈲佐久間設備

9.N-Style

10.㈱千代田技工

11.㈲寺尾商事

12.東邦歯科産業㈱

13.㈱引越社関東

14.北進商事㈱ロヂャ-ス戸田店

15.㈲ふすまの鷹秀

16.㈱開進テックさいたま事業所

17.リーフテニス

BABAラボ紹介